星の練習生

コダマ凜の地球と宇宙の練習生ブログ

北朝鮮建国図と今の星の配置から考えてみた。

 

 

8月29日の朝、

北朝鮮からなにやら物騒なものが飛んできて北海道の襟裳岬1180キロ地点に落ちた。

起きたらなんとなく物騒な空気感が漂っていたため、そっとiphoneのヤフーニュース見たところ、あ=やったのねという・・・。

この間の新月からトランプ大統領を刺激するような配置がありましたので

気になるところであるな~と思っていた。

 

北朝鮮の建国は19年9月9日

太陽は乙女座ということのようです。正午で建国のホロスコープを作成して驚くのは

 

乙女座ということで国防に力も入るし、排他的な国の方向を持たざるを得ないでしょう。

何かを焦点づけて取り組む方向に国として力を発揮する。

国防ということであるのかと。

乙女座太陽に射手座木星アスペクトしていますので、

予防、自己努力に対しては様々に取り組んできたことでしょう。

そして国民を表す月は射手座の初期度数であり、獅子座土星から苦しめられています。

獅子座ですのでなにやらリーダーシップ感といいますか

景気よく力強さとともに射手座の月の自分の考えを尊重されたいという

基本姿勢。

 

女性を表す金星と男性の火星が獅子座と蠍座のハードな関係であり

女性が苦しい、辛い国とも言えます。

し火星は兵士も表しますので兵士の人の苦境も感じざるを得ません。

 

 

金星はお金とも言えるので何らかの派手で大きなものを買い込む、お金がかさむ。

火星が蠍座にあり、ドラゴンテイルと絡んでおり、

ちょい男性性が傷ついている、コンプレックス、影を背負いやすく

どうも後ろ向き傾向があります。

このひねくれた感じの火星が金星を傷つけている。

軍隊を表す星座(サイン)はいくつかありますが、

その一つでもある蠍座にあるので、国としての自己主張する方向が

軍隊、軍備に傾けられています。

金星という日常を少し離れた喜びの天体が火星という軍隊に

方向付けられたり、

天秤座にある水星と海王星が傷ついた月や金星と

オーブ大きめで繋がりますので

自分自身がもっと他の国から愛されたり、いかした国であろうという

思いは強いのではないかと思われます。

そして軍隊における夢物語といいいますか・・・。

 

そして、北朝鮮という国は軍国の国ですし、最高指導者の人達は「軍人」と

されているので軍隊が建国の星の配置からその方向を示唆しています。

 

この物語をアピールし強さを誇示、しかし獅子座ですので

わくわくしたドラマへの希求という側面としてみると

国連などの物語が通用するかは難しいのではないかと思われます。

もちろん建国の背後の分断国家ということで、国として独り立ちするときの

傷、何らかの自分を防衛する、一国家として立派になろうとした

形跡を感じます。

 

そしてこの火星、軍隊は国民をいたぶる土星とよい配置。

国家、権力や指導者の力としての誇示。

 

 

乙女座と射手座の関係の悪さというのも感じざるを得ません。

 

射手座にある月に混乱を起こし、

乙女座に木星が進行した時期に何らかの国としての混乱が考えられます。

金日成さんが亡くなられたのが、2011年土星が天秤座に在泊していた時。

この軍隊を持つ強い国の物語が始まったとも言えます。

し、金正恩さんにとってのデビュー時期でもありました。

そして射手座に土星が進行した2015年(本格的に進行したのは2015年10月より)

からであり、2017年8月末辺りでは射手座土星が、建国のホロスコープ

獅子座土星によい配置、牡羊座天王星によい配置を形成中です。

 

 

 

射手座土星は2018年から山羊座に移動します。

乙女座太陽とよい配置を保ちます。そして天王星も牡牛座にいどうすることにより

少しずつ変革の波が押し寄せてくるのではないかと思います。

魚座にある海王星の働きもあるのではないかと思います。

軍隊を表す天体火星はミサイルも表しますので、この火星に

天王星(ロケット)もやってきている。そして革命的な出来事でもありますね。

他の国があまりの北朝鮮の軍備における開発の進み具合に驚いていますね。

予防的国防である北朝鮮

維持する方向で。いってほしいが、

第3代最高指導者、金正恩さんの誕生日が山羊座であったのなら

予防的国防でなく使用する、目に見せる、発揮する方向に使用するであろう・・・

 

先日の新月がこの獅子座後半辺りで起こりました。

トランプさんの火星が獅子座最後辺りにあり、北朝鮮建国のホロスコープ土星

刺激します。そして射手座の月があり、乙女座の月を刺激します。

トランプさんの発言は、北朝鮮を刺激します。

そして金正恩さんも刺激し合う可能性です。